横浜が住まいとして人気の理由

人口素材を使った石灯籠で、庭付きの家を実現できます。軽量で室内にも置けるので、現代の住まいに適しています。

現代の住まいに合った素材の石灯籠で庭付きの家を実現

庭付きではない家でも、住まいに庭の雰囲気を出すことはできます。
室内に観葉植物を置いたり、ベランダガーデンを行えば、立派な庭付きの家と言えるでしょう。和風庭園の雰囲気を作りたい時は、石灯籠を置くとそれらしくなります。
庭のない家に石灯籠なんて無理、と思うかもしれません。
しかし今は、ベランダや室内にも設置可能な石灯籠があるのです。
FRPと呼ばれる軽量な人口素材を使った石灯籠は、庭付きではない家での設置に適しています。
本物の石ではないからと言って、あなどれません。見た目はほとんど本物と一緒です。

石灯籠には、春日型、雪見型、織部型などがあります。
この中でも春日型は神社でよく見られ、織部型は茶の庭でよく使用されるものです。
軽量石灯籠にはどの型もあり、デザインが豊富です。
庭としてではなく、室内インテリアとしても置けるものです。
室内やベランダなど、住まいの一部に庭空間を作りたいなら、石灯籠を手持ちの観葉植物などに合わせ、バランスよく配置するだけでもできます。
より庭らしくする場合、同じくFRP製の飛び石やつくばいを置くと良いでしょう。竹垣があればさらに本格的な庭になります。
いずれも軽量で室内にも設置可能です。
賃貸住宅であっても、気軽に好みの庭を作ることができます。
広い場所が取れなくても大丈夫です。
縦横四十センチ以下で、高さも八十センチ以下の石灯籠もあります。
さらにミニサイズの製品もあります。
現代の住まいに合った素材の石灯籠を使って、庭付きの家にしてみませんか。